• ホーム
  • アレルギーでアレルギー体質を改善する?毒をもって毒を制する方法とは

アレルギーでアレルギー体質を改善する?毒をもって毒を制する方法とは

2020年01月04日

アレルギー体質を改善するには、薬で治すという方法もありますが、根本的な体質改善を期待したいというような場合にはアレルゲン免疫療法で症状緩和をすることが最適な方法になります。病院によってアレルゲン免疫療法を行っている場所とそうでない場所があるので、近くにある病院が行っているかどうかを確認しておくことをおすすめします。治療をするかどうか迷っている場合には、一度医療機関に相談してみることで、どのような治療になるかということを想像しやすいのでおすすめです。
舌下免疫療法という治療法では、スギ花粉やダニのアレルギーを起こすものを錠剤や液体にしたものを舌の下に置いて唾液を貯めながら2分程キープします。そうすることで、アレルゲン自体に体を慣らしていきます。最低でも3年間は毎日自宅で続けていきます。この作業によって8年程という長期間の間は免疫を付けることができます。副作用で舌がピリピリしたものがありますが、これは慣れると消えるので安心してください。
皮下免疫療法では、皮膚の下にアレルゲンを注射するタイプの治療法です。この場合では、注射をしに通院をするだけで自宅では毎日薬を使ったりしないことが特徴です。また、体質改善を長期間の効果で得ることができます。どちらの治療法にも特徴があるので、どちらかが優れているということにはなりませんが、例えば、通院をできるだけ少なくしたいと考えている場合には、舌下免疫療法がおすすめになります。逆に、毎日薬を飲むのは大変な場合には、皮下免疫療法が最も最適な治療法です。
アレルゲン免疫療法のメリットはアレルギーの症状緩和に貢献できるということです。ただ薬を飲むだけの方法やレーザーを使用した治療法は、一時的な緩和に過ぎません。特に長期間にわたってアレルギーに困らない生活をしたい場合には、効果が期待できます。それ以外にも、アレルギーの種類が増加してしまうことを未然に防ぐことにもなります。
アレルギー性鼻炎を持っている患者さんの特徴にアトピー性皮膚炎や気管支喘息が進展してしまうという問題があります。このことはアレルギーマーチとも呼ばれており、この進展を防ぐための治療方法としてもアレルゲン免疫療法を利用することができるでしょう。最初の通院回数は、2週間に1回の頻度と比較的多めですが、次第に1ヶ月になり、2ヶ月になっていくので、楽になっていくと言えます。治療の過程がよりも得られる結果を重要視しているような場合には最適です。